オーダーカーテンの東京モンルーベジャパン(ホーム) > 施工例 > モダン > 窓まわりを変えるとインテリアが変わる!        葉山国際カンツリー倶楽部様

窓まわりを変えるとインテリアが変わる!        葉山国際カンツリー倶楽部様

ゴルフ場のレストランにシャープシェードを施工致しました。

まずはビフォー写真 ↓  ↓  ↓
ヨーロッパのカーテン 窓のイメージチェンジ バランス

















以前のカーテンスタイルは、バルーンシェード
優雅でゴージャスなイメージにしたレストランでした。
ヨーロッパのカーテン 窓のイメージチェンジ バランス

















オーナーのご希望で、
時代に合わせたモダンさを感じる窓まわりに、とのこと。

そして、ご提案したのは、シャープシェード
生地の中にバーが入っているので、横ラインのアクセントになります。
プレーンシェードがクシュクシュと柔らかな生地感を感じさせるのに対して、
シャープシェードはすっきりと直線ラインで折りたたまれていきます。

こちらがアフター
シャープシェード ヨーロッパのカーテン 窓のイメージチェンジ 




















またバーが入っていることでアクセントにもなります。
シャープシェード ヨーロッパのカーテン 窓のイメージチェンジ























窓まわりを変えただけで、とってもモダンなインテリアに変わりました。
カーペットや家具など変えていないのに印象がこんなにも変化しています!

グレーの光沢のあるレースは、縦に細ラインが入っている
シャープなデザインです。
また、日が良く当たる場所だということで、
遮熱効果のある生地をお選びしました。
遮熱効果のある白いレースは国産でもたくさん見かけますが、
色付きのレースはなかなかありません。
金属の薄膜をコーティングする技術によるものだそうです。
高機能繊維ながら、デザインもクール、ってなかなか貴重です。

高層マンションの大きな窓にも、ご検討の余地アリです!

こちらの葉山国際カンツリー倶楽部のHPはこちら
↓  ↓  ↓
http://www.hayama-kokusai-cc.com

カテゴリー:お知らせ, モダン
  • フリーダイヤル 0120-048-016
  • ご予約・お問い合わせ

ページトップへ