クッション・ベッドスプレッド・椅子張り・間仕切りにと多彩なバリエーションご紹介!

モンルーベでは、クッションやベッドスプレッドも作れますし、
ソファ・チェアの生地の張り替えも承ります!

長年大事にしてきたソファを大胆にリメイクしたり、お好きな生地でクッションを作ったり、
おしゃれなレースで間仕切りアイテムを作ったり。

座布団を作られた方もいらっしゃいますが、
輸入生地で作ると、和風すぎないシックな座布団が出来て素敵ですよ!

トータルインテリア クッション カーテン共生地

もし寝室のカーテンを考えるとしたら…
床や壁の色、サッシ、家具の色もイメージしながら決めますよね。
予め想定したお部屋のカラースキームで、カーテンと一緒に、ベッドスプレッドなども作ると、
ホテルのような統一感のあるインテリア
になります。

こちらは、スペイン製の個性的な柄のファブリックを使用して 「ベッドスプレッド」をお作りした例です。
ベッドスプレッド 輸入カーテン 近年ヨーロッパでトレンドのモダンエスニックなパターンがアクセントになっています。

こちらは、椅子の生地を張り替えた例です。
同じファブリックでもアイテムによって、見え方が異なっていて面白いですね。

スペイン製の生地 椅子張り替え
こちらは、撮影スタジオの少し古くなったソファをレオパード柄の生地で
リメイク
した事例です。
一気にガラッと雰囲気が変わりました、野性的でドラマティク!!!

BEFORE
AFTER

撮影スタジオという事で、大胆にイメージチェンジ致しました。
たっぷりした深紅のベルベットカーテンの掛け替えに、更にソファの生地も張り替えて、
艶っぽく、遊び心と少し毒のある大人な雰囲気を演出。

これだけ強いカラーと、パターンは輸入ファブリックでしか出せないんですよね。
まさにファブリックが空間のオーラを醸し出しています。

 

そしてこちらは、横浜中華街「招福門」様です!
注目はベンチシート!スペイン製の生地で、大胆に張り替えました。

BEFORE
招福門様 ビフォー

AFTER
招福門 輸入生地 張り替え 
 右サイドの奥のベンチシートにご注目です。

ファブリックを変えたことで、モダンエスニックな空間になりました。
直線ラインのすっきりとしたモダンなベンチソファと、力強い雰囲気の生地が合いますね!
一気に外資系高級ホテルの様な、ラグジュアリー空間に生まれ変わりました!
生地選び、大切です!!!

招福門様 輸入生地 スペイン製おしゃれにリニューアルした招福門様は、「美食同源」をモットーにしている老舗で、
ビル一棟丸々レストランという巨大レストランですが、
インテリア内装にも拘られていてホスピタリティ精神に溢れています。

さてこちらは、 お客様がお持ちの 衝立パーティーションを 輸入レースでリメイクした施工例です。
「間仕切りが必要だけど可愛いのが全然ないのよっ」と諦めてネットで
仕方なく 購入された様でした。

ダマスク柄レースをギャザーを寄せて張り替えたら、可愛らしくエレガントに変身しました。
お気に入りのレースをカスタムして、世界にひとつのオリジナルをお作りする事ができ、
お客様に大喜びして頂きました。
ホワイトとアイボリーで構成されたお部屋ですが、様々な質感の素材が入っていることで、
とても豊かな空間になっています。

BEFORE

パーティーション 輸入レースAFTER

 ロープタッセルもアクセサリーに掛けてあります。

続いてはカーテンとの共生地でもよくお作りしております、クッション
こちらのお客様はエルメスの生地を購入され、クッション製作を依頼されました。

Hermèsでは生地売りのみで、カーテンやクッションの縫製はされていないそうです。
表のみエルメスの生地を使い、裏側は当店のたくさんある生地の中からグレーとブラウンをチョイス!
クッションの表裏がある事で数もたくさんお作りできますし、アクセントにもなります!

クッションの中身サイズは40×40センチが多いのですが、少し大きめの50センチ角や、
小さめの20×40センチサイズもあります。
ボルスターという俵型のタイプも、ラグジュアリーな雰囲気が出ます。

ところで、一流のホテルなどに行くと、クッションの真ん中がへこんでいる事が
ありませんか?

これは、子供が遊んでチョップした訳ではなく、
『今(あなたの為に)ここを整えました』というヨーロッパ流の合図です。
ぜひお客様が遊びに来る日は、写真のように↓↓クッションの真ん中をチョップしてみてくださいね。

たくさんのクッションをころころと散りばめるのがトレンド、
楽しいトータルコーディネートです。

オーダーカーテン ソファの張り替え オーダークッション

クッション

 

こちらは少し珍しい、店舗の暖簾の施工例です。
ふんわりと、視線をさえぎりながら落ち着いてお食事が出来る空間になっています。
のれん 輸入生地 リネン
イタリア製のリネン生地を使用しており、ロゴもプリントしてあります。

 

最後にサンルームのご紹介です。
こちらもお客様から
「サンルームの日差し除けカーテン、可愛いのが無いのよ~」とご相談受けました。

かと言って本格的な物になるとこの類の形状の物は、電動レールを使ったりしますのでかなり価格が張ります。

それよりはもっと手軽で、インテリア性もある物をお求めでした。
そこでアイディアで制作に入り、輸入レースの曲線を出しつつ、添わせて一枚かける
工夫をしまして、夏でも心地よい光を取り入れる空間が完成しました。

まるでプチホテルのサンルームの様に優雅な空間になり、夢のある生活スペース作りが出来ました。

BEFORE
サンルーム 輸入生地

 

AFTER
サンルーム 輸入生地 サンルーム 輸入生地まさに布一枚の可能性は無限大。
ファブリックでマジックみたいに空間演出が可能という色々な例をご紹介しました。

オーダーメイドだからこそ出来る事がございます!
もし探しても無いけど「こんな風なの使ってみたい! 」というイメージがありましたら、
ぜひお気軽にご相談ください。

これまでの経験をふまえて、お客様の描くイメージをベストな形でご提案致します。