モダンインテリアのカーテン

それぞれのお部屋に合わせた、モダンスタイルのウィンドウトリートメントです。
リビングは、グレージュカラーが全体のトーンと重なり、モダンな窓辺演出となりました。
よく見ると、ふくれ織りのようにデザインされているファブリックで、家具のレイアウトとカラーと合わせてお選び頂きました。
(ふくれ織りとは立体感のある凹凸で柄を織り出した2重織物で、模様部分が膨れ上がって浮き出たように見えます。)
左の細長の窓には、スッキリとシェードスタイルを採用。
同じファブリックでも、
スタイルによって表情が異なり、面白いところです。立体的で凹凸のあるファブリックは、ユニークな表情でした。

カーテン モダン

床、壁、天井のカラーとも合っていますが、ソファやダイニングテーブルとも合わせてカラースキームを展開されております。
レースも、グレイッシュカラーで少しスモーキーグレーがかっており、洗練された印象を演出しております。

カーテン モダン

書斎は、インディゴブルーの木製ブラインドです。
やはり木製ブラインドは男性に人気があります。
書斎にはカチッとしていて且つ木のぬくもりも出ますので、ダンディな空間にもシンプルながらも価値を与えてくれます。
今回、工夫したポイントは、ブラインドの設置個所です!
手前にカーテンボックスがあるので、普通はそちらに取り付けるのですが、よりお部屋が広くお使い頂けるよう、枠内にスッキリと納めました✧✧✧
カーテンボックスに取り付けると、15~20cm部屋内に出てきます。
ちょっとの工夫で、仕上がりに差が出るので、細部にまでこだわります。

カーテン モダン

カラーバリエーションも豊富ですので、多彩な中から色を選ぶ工程も楽しいです♪
光の入り方を調整できるので、在宅ワークも快適に行えます。

カーテン モダン

ベースとしてブルー系がお好みのお客様でしたので、寝室のカラーも柔らかくて優しい、ペールブルーの地柄のファブリックです。
マットな質感と光沢感のコントラストが美しい、織柄のドレープ。

モダン、ナチュラル、クラシック、エレガントとわりとどんなタイプのお部屋にも馴染みやすい、万能ファブリックです。

カーテン モダン

レースは薔薇のモチーフが描かれた様にオパール加工されています。
(オパール加工とは、透かし模様を施す加工で、硫酸を含んだ特殊な薬品のりで捺染し、形のついた部分の糸を溶かして、模様を表現する方法です。)

ガーリーな夢ある雰囲気で、優しい気持ちで眠りにつけそうですね。

カーテン モダン

印象と色が合が与える心理効果をうまくインテリアに取り込むことで、日常のパフォーマンス向上に繋がります。
毎日開け閉めして触れたり目にする、大きな面積を占めるカーテンですから、ちょっとしたテクニックで毎日が快適に過ごせるお手伝いができればと思います。