FISBA

スイス190年の歴史と伝統を誇るインテリアファブリックの高級ブランドです。

常に新鮮で感度の高いデザイン性と、高品質な素材を発信することが変わらぬ哲学であり、
その独創的なコレクションと品格へのこだわりゆえに、
創業以来、世界で広く“オートクチュール”と称賛されて来ました。

色展開が豊富で、どの色も深みがあってインテリアにしっくりなじむ色合いになっています。
縫製へのこだわりが強く、独自のノウハウで「吊ったとき美しい縫製」を追求しています。

まずはそのフィスバが誇るベルベットカーテンのご紹介です。

・こちらのお宅は、グレーのベルベットをお取付いたしました。
上質ベルベットが持つ陰影は、無地・無彩色でも濃淡が出るのでそれだけ1枚吊るだけで美しいです。

 

目が詰まっていて重厚感があり、とてもドラマティックに演出出来ます。
もったりとした質感も素敵。触るととろける様なソフト感は驚く程です。

 

・店舗にフィスバのカーテンをお取付いたしました。
柄部分がベルベットになっています。
どちらもラグジュアリー感あふれるクオリティです。

ポイントはこのラグジュアリーなカーテンが防炎品であることです。
店舗などの、カーテンは防炎品でなくてはならないので
選べる生地はどうしても少なくなり限定されますが、フィスバではこんな美しいカーテンも
防炎加工がされています。

ちなみにこちらは横浜中華街名店「招福門」様です。
カーテンが醸し出す重厚な空間は、お料理とともに至福の時を約束してくれるでしょう。

 

・次はレースのカーテンのご紹介です。
一日中、夜でもレースを楽しめるレースフロントのスタイルにしました。

 

後ろのドレープを上げていくと、
レースの柄のライン部分が透けて外が見えてきます。

 

大胆なデザインのモダンなレースですが、
ラインの美しさが優雅です。

 

フィスバのレースは、繊細な花柄の刺繍やダマクス柄のエレガントなものから
幾何学模様などのモダン系、シンプルなストライプ…などなど
インテリアテイストは多岐にわたりますが、
どのレースも、素材にこだわった「質感」を感じさせる生地です。

・次にはフィスバのカーペットのご紹介です。

ポイントは、ニュージーランド製の上質ウール100%、128色の中から自由にお選びいただけること。
更にデザインもサイズも「貴方だけのオーダーメイド」。
選ぶのに楽しく迷ってしまうほど。

ベースカラーの微妙な色合いはもちろん、ビビットなピンクやクリアなブルーまで
この見本を見ているだけでかなり愉しいです。

某建築士によると、家の中で直接肌に触れる部分の素材は大事、といいます。
肌に直接というと、足裏つまり床面のみです。

このウール100%カーペットは、ふわふわの肌触り、
踏み心地もしっかりと弾力がある最高級品です。

それでは、モンルーベの施工例のご紹介です。
お色は128色の中から手前の2色をお選びいただきました。

 

こちらのお宅は玄関に置くラグをお作りしました。

最近お客様からよく伺うのですが、
玄関からリビングまでフラットなので、見切りがなくて困る、とのこと。

ユニバーサルデザインは今後普及していきますが、
日本では家にいらしたお客様が土足エリアがどこまでか混乱してしまうなど、
まだ定着していないのが現状です・・・

そこでこのラグ。空間をソフトに仕切っています。

深みのあるブルーグレーにイエローのラインが効いています。
カッティングも高級感が出ていますね。
長さは1.8mあります。

 

本当に良いものは、見た目の質感や、肌に触れたときの手触りなどで
心を豊かにしてくれます。

是非その良さを手に取って体感してください。