ラグジュアリーホテルのような、タワーマンションのカーテン

「華やかな柄レースのシェード」×「素材感たっぷりのカーテン」でラグジュアリーホテルの様な、リビングダイニングになりました。
洗練されたデザインで彩る空間が、日常に与える喜びを約束してくれるようでした。
「こんなお家に住みたい!」と夢が広がる憧れのホテルインテリアです。

大きな窓に華やかなレースをお選び頂きましたが、これがカーテンスタイルだと、少しうるさくなり、スッキリ感も失いますので、上下に開閉するシェードスタイルになっております。

真ん中の2窓のみ降ろせば中央部分に見える隣のマンションとのプライバシー確保にもなります。

必要な場所に必要なスタイルで、機能性を持たせることも大切です。
あとは、美しいテキスタイルから漂ってくるインテリア性を掛け合わせれば、ホテルライクな豊な空間、生活が待っています。

リビングと繋がったダイニングも同じスタイルにすることで、統一性のある空間に仕上がりました。

寝室は、グレー~シルバーの濃淡でデザインされている、モノトーンの抽象柄です。

アートを飾るような印象もあり、モダンな装いの窓辺になりました。

クリスタルが煌めく真っ白なロープタッセルを合わせました。

洋室は、ランダムな色彩使いがユニークかつスタイリッシュで、魅力的に窓辺を飾ってくれました。

ドレープ一枚でスッキリとプレーンシェードスタイルです。

唯一無二のデザインは、他と違う存在感で空間を大胆に印象付けてくれます。
流れるようなデザインで、イキイキとした芯のあるインテリアが完成しました。

輸入ファブリックの持つデザイン性を最大限活かし、それぞれの部屋ごとに違ったイメージでまとめられた事例でした。
ファブリックの豊かなバリエーションがもたらしてくれる、心地よい日常です‼