純和風建築×ハンターダグラスのシルエット          港区N様邸

建てられてからかなり年数を経た数寄屋造りのお宅です。
窓まわりのリフォームにお選びいただいたのは
ハンターダグラスのシルエットシェード。
です。
日本建築の美しさと欧米のエレメントとの融合。
簡潔さが特長の直線的な「和」の世界にミニマムなシェード、
合わないわけないのです。。。

ハンターダグラス シルエットシェード ヨーロッパのカーテンちらは施工後の外観写真です。

縦ライン横ライン、シャープでいながら、木の素材が温かみを感じさせます。
歴史ある建物と、真新しいシェードのコンビネーションです、趣あります。

ハンターダグラス シルエットシェード ヨーロッパのカーテン

 

 

 

一階の廊下です。
まずはカーテンスタイルのビフォー↓
ハンターダグラス シルエットシェード ヨーロッパのカーテン

カーテンスタイルは優雅に感じさせることもありますが、ヒダのエレガントなラインが雑然とさせてしまうことも。

そして、ハンターのシェードに変えたアフターをご覧ください↓
ハンターダグラス シルエットシェード ヨーロッパのカーテン

 

不思議と「和」テイストの照明ともしっくり。
歴史と共に味わい深くたたずむ家屋と、新調した新しいファブリックシェードが
独特の雰囲気を漂わせていて、古くて新しい!

ハンターダグラス シルエットシェード 和モダン

上下の開閉スタイルなので、緑が程よく目に入ってきます。

こちらもビフォー
ハンターダグラス シルエットシェード 和モダン

そしてアフター
ハンターダグラス シルエットシェード ヨーロッパのカーテン

シェードは台数が多いと日々の操作も大変に感じるということで
頻繁に開閉する箇所については、電動にして、使用頻度の少ないところは手動にして、
という風に操作方法をミックスして、実用性とコスト面とを考えました。
たくさんのお宅にシェードを施工しているカーテンのお店ならではのアドバイスです。

ご主人様も
「リフォームで一番窓が良かった」
と仰ってたそうで、大変満足していただけました。

私たちもここに住まわれるお客様の、家を代々大切に守り続けるお気持ちと
ここにハンターダグラスを持ってくるセンスの良さを感じて、
さすが港区にある日本家屋とはこういった感性なのだな~と。
又いつもとは違った感銘を受けさせて頂きました。

「日本家屋にモダンなハンターダグラスのシェード」
Niceエクレクティック(折衷)  これ大アリです!!!