ハニカムシェードについて

お客様と話していると、プリーツスクリーンは見たことがあるとかイメージできると仰るのですが、ハニカム?聞いたことあるけど…のような反応です。

断熱性能が高いので、大変省エネなシェードです。見た目もなかなかかっこいいので、お勧めです。

保温性の秘密は横から見たときの、蜂の巣構造。

これが空気の層を作り、空気の対流を遮断しているので、

夏は冷房効果が上がるので涼しい、冬は暖房効果が上がるので暖かい、となります。

まず、海外モノからご紹介します。

◆オランダ、ハンターダグラス社のデュエットです。

ファブリックの種類によっては遮音効果も期待できます。

 

ハンターダグラスの優れているところは、上部が開口する

トップダウンボトムアップがお選びいただけることです。

トップダウンボトムアップは上部がヘッドレールから離れて、開くところです。

上部をオープンにして景色を楽しめたりすることが出来るのです。
隣の建物と接近した立地の時には目隠ししつつ、抜け感も得られる優れた機能。

電動もあるので、大きい窓などの操作も楽々。
電動は電池式もあり電気工事不要で、導入される方が増えてます。

ハニカムのサイズはファブリックの種類により3タイプ、ハニカム構造は1層、3層、5層

の3タイプあります。

次にアメリカのルーセントホーム社のシェル・シェード。

 

 

こちらもトップオープンに出来ます。

ルーセントだと、コードレスがお選びいただけるので、コードが垂れているのがあまり好きではない方、子どもやペットのいたずらが心配な方にはおすすめです。

「ピンクフラミンゴ」や「アボカド」など色を名前で想像しやすく、色展開も豊富です。

省エネルギー性では、冷暖房にかかる年間の電気代が約20%節約、と具体的な数字を挙げています。

国産でも2つのメーカーがハニカムスクリーンを出しています。

◆こちらはTOSOエコシア。

これが、横から見たときの、蜂の巣構造。

ツインとシングルを選ぶことが出来ますので、上部はレースの感覚で薄地を選べば

視線の調整が出来て便利です。ちなみに上部はプリーツとなります。

単板ガラスに一般的なレールとダブルのカーテンをお付けした場合より、省エネ効果はなんと33%もアップします。

更にオプションとしてツインスタイルの上部の薄地スクリーンを遮熱スクリーン「トリアスビスタ」へ変えると、一台で遮熱&断熱対策が出来ます。

天井付のみ可能なオプションですが、サイドにレールを入れることで、スクリーンと窓枠との隙間がなくなり、断熱性がさらに向上します!

ハニカムの方は、昇降コードが内蔵されているので、スクリーンにコード穴がなく、すっきりとした印象です。

 

◆もうひとつ、同じ機能を持つハニカム構造のスクリーンとしてニチベイのレフィーナがあります。

 

こちらもシングル、ツインと選べます。

セルの大きさは、レフィーナ25・45ともにハニカム断面はD型セルを採用。生地重量がかかっても形状の変化が少なく、プリーツラインを保ちます。

※セルサイズはたたみ込み時の幅寸法。

※プリーツピッチは外観上、商品下部になるほど細かくなります。
※写真はシングルスタイルです。

夏の遮熱性能は複層ガラス窓のみの場合より57%アップ、冬の断熱性能は複層ガラスのみの場合と比べて53%アップ。

ニチベイもオプションとしてフレームが付けられます。

ツインの場合は、「ハニカム不透明・遮光」+「ハニカムシースルー」と「ハニカム不透明・遮光」+「プリーツシースルー」の2種類からお選びいただけます。

いずれの商品も、室外のお色は白で、外から見てもすっきりとしています。

機能充実の窓装飾、ハニカムのご紹介でした。