リサイクル インテリアファブリックでSDGs!

近年、あらゆるメディアで必ず目や耳にするSDGsという言葉。
このSDGs(Sustainable Development Goals)持続可能な開発目標は、2015年に国連で採択されましたが、2030年までに達成すべき、世界共通の目標が17項目ありますね。
ファブリック業界でも、何年も前から取り組みが行われていましたが、とりわけ海外のメーカーやユーザーは、意識も高く日本より進んでおります!

SDGs リサイクル インテリアファブリック

モンルーベでは、ヨーロッパからの輸入ファブリックを主に取り扱っておりますので、ヨーロッパのブランドメーカーの取り組みを、いくつかご紹介したいと思います。

まず一つ目は、ファブリック業界大手である、クリスチャンフィッシュバッハ!
リサイクルヤン(リサイクル糸)の先駆け的存在であります。
ヨーロッパテキスタイル発祥の地、スイスのサンガレンにて200年余りの歴史を誇る名門。モンルーベとはショールームの場所が近いこともあり、フィスバのカーテンやラグを、モンルーベでオーダーされるお客様も多いです。

SDGs リサイクル インテリアファブリック

2009年、フィスバは世界で初めてのリサイクルインテリアファブリック「BENUコレクション」を発表。
“高品質かつ環境に優しいリサイクルファブリック”の商品も展開しています。
それ以来10年以上に渡り、ペットボトルをはじめ、ファッション業界で廃棄されたコットンやウールのリサイクル、そして海洋廃棄物をリサイクルした糸による革新的なインテリアファブリックを発表。2021年にはカーペットコレクションが加わりました。
リサイクルファブリックの活用は、水や化学物質の使用を削減するだけでなく、CO2や工場排水の排出を抑制し、何よりもゴミを減らすことで、持続的に環境保護に貢献することができます。
【BENU FABURICS】
ドレープ、レース、ベルベットのカーテン生地の他に、張地や防炎性能のある機能素材など、豊富なラインナップのリサイクルファブリックがあります↓

SDGs リサイクルファブリック

リサイクルカーペット

地元の漁やNGO団体、ボランティアの人々と海からごみをなくす活動をしているSEAQUAL INITIATIVE。
海で回収されたごみは、SEAQUAL INITIATIVEによって素材別に分別されます。
フィスバは、SEAQUAL INITIATIVEを積極的にサポートしております。

【BEMU SEA CARPET】
海洋廃棄物のアップサイクルから産まれた糸でハンドタフトした次世代のリサイクルカーペット。
モンルーベでも取り扱っておりますが、シルクライクでしっかりとした作りのリサイクルカーペットは、手触りも心地よく、お勧めです!

SDGs リサイクルファブリック

フィスバのリサイクルカーペットは、以下の流れで出来ています。

1.〈海洋廃棄物の回収〉
世界中で何千万ものビニール袋が使用され、何百万ものプラスチックが海に投棄されています。
この海洋廃棄物を回収し、価値あるものへリサイクルする活動が始まっています。

SDGs リサイクルファブリック

2.〈洗浄・粉砕〉
海から回収されたプラスチックは、洗浄・粉砕されMonsilk(モンシルク)というポリエステル再生糸に生まれ変わります。この再生糸は通常のポリエステルを生産するよりも」化学薬品やエネルギーを必要とせず、CO2の排出を32%軽減します。

SDGs リサイクルファブリック

3.〈リサイクル糸へ〉
東南アジア近郊の海で回収されたプラスチックからリサイクルされた糸モンシルクがBENU SEAカーペットで使用されています。色の発色が良く、カーペットにシルキーな光沢を与えてくれる優れた糸です。

SDGs リサイクル インテリアファブリック

3.〈製品へ〉
ポリエステルの中でも特に高品質な糸(Monsilk)でできるBENU SEAカーペット。サスティナブルな製品であり、海洋廃棄物の削減に大きく貢献しています。

SDGs リサイクル インテリアファブリック

革新的なコレクションを発表し続けている、フィスバ。
200年以上にわたる歴史、伝統がありながらも新しいことに次々と挑戦しており、今後も楽しみですね。

オランダ某メーカーのリサイクルコットン

お次は、モンルーベが独自で輸入している、オランダの某メーカーです。
ヨーロッパでは、最先端の巨大な織物機を使って、素晴らしいファブリックが生み出されておりますが、技術やデザインのみならず、メーカーや消費者の環境への意識も高い傾向にあります。

SDGs リサイクル インテリアファブリック

こちらのメーカーでは近年リサイクルコットンのカーテンをつくっています。
何をリサイクルしているかというと…
Tシャツが作成される段階で余ってしまう生地を活用することで、最も美しいファブリックが生み出されています。
↓アーバンジャングルがテーマのウィンドウトリートメントは、耐久性の高いリサイクルファブリックが使われています。
プリントカーテンは、節水技術を駆使してプリントされた、何ともエコロジーなオーダーカーテン!

SDGs リサイクル インテリアファブリック

リサイクルポリエステル

リサイクルコットン以外でも、リサイクルファブリックが…。
廃棄されるペットボトルが、ファブリックをつくるのにとっても適しているのです!

SDGs リサイクル インテリアファブリック

例えば、光沢感のある生地は、ほぼリサイクルポリエステルからつくられています。
ペットボトルの素材は高品質かつ安全の基準を満たしてつくられているため、このプラスチックがファブリックに再生されるのに、とても適しているとのこと。
収集されたボトルは、工場にて洗浄されます。
機械によりボトルは溶解され糸がつくられ、カーテンの糸のできあがり。
耐久性の高いカーテンへと生まれ変わります。

SDGs リサイクル インテリアファブリック

リサイクルポリエステルのメリットは、
・耐久性があり、シワにになりにくい。
・虫やカビに強く被害を受けにくい。
そして、高機能でシルクなどに風合いが似ているものもあり、よいこと尽くしです。
このオランダのメーカーは年々リサイクル糸で出来たカーテン生地の割合を増やしています。
オランダの代表的なイメージの一つである風車も再生可能エネルギーですが、風車は今もあちこちに設置されているとのこと。
それだけ環境先進国のオランダのメーカーですから、納得ですね。 

SDGs リサイクル インテリアファブリック

モンルーベのショールームにも、リサイクル糸でつくられたカーテンのハンガーサンプルを展示しております。
リサイクル♻︎マークが必ずついており、すぐにわかるようになっています。

SDGs リサイクル インテリアファブリック
SDGs リサイクル インテリアファブリック

まとめ

以上、2つのメーカーのリサイクルファブリックについてご紹介しましたが、日本のファブリック業界も、カーペット・ラグに再生ポリエステルを使っていたり、通常のポリエステル製のテキスタイル製品を再生ポリエステル製に置き換えていたりと、リサイクル糸で出来たファブリックをつくっています。
日本においても企業のSDGsへの取り組みは、何年も前から行われていましたが、ヨーロッパは特に、“ユーザーが敢えてリサイクルされてつくられた物を選ぶ傾向にある”ところが、何より進んでいるポイントかなと思いました。
社会を発展させることは以外と簡単だったりしますが、地球環境を守ることは時間も労力もかかり大変!ということを、SDGsのワークショップで疑似体験する度に実感します。
持続可能な社会のためにも、できることを少しでも日々継続していきたいです。
モンルーベでは、今後も引き続きリサイクル糸でつくられた、地球環境に優しいファブリックを活用しつつ、美しいインテリアのお手伝いをさせていただきます。
リサイクル糸が使われている以外にも、地球にも人にも優しい機能がカーテンにはいっぱい!
外は寒くても室内を暖かく保ってくれたり、防音効果があったり、プリント工程で80パーセントも節水されていたり。↓

SDGs リサイクル インテリアファブリック

弊社でオーダー頂いたカーテンは、もしお引越しされてもリメイクして永くお使いいただけますので、お気軽にご相談下さいませ。
また、カーテンとしては使えない、カーテン生地のハギレを小物に生まれ変わらせる活動であったり、新たな取り組みを行うことで、持続可能な社会へ貢献して参る所存です。
今後ともどうぞ、宜しくお願い致します。